資料請求・お問い合わせ

資料請求で知って下さい
外壁塗装・塗り替えリフォーム・浴槽塗装等、塗装に関することなんでもお気軽にお問い合わせください。また、資料請求もお待ちしております。

伊藤文義塗装店が掲載された新聞・雑誌等の紹介

弊社がインタビューを受けた記事や、弊社のチラシ・広告のご紹介です。
お客様の声『信頼できる塗装屋さんです』詳しくはクリック

ブログ

  • 毎日の作業を報告「現場日誌ブログ」
  • 塗るんじゃー
  • 朝起きたての親方のひとりごと
  • 伊藤文義塗装店の軌跡
  • こだわり職人の想い


関連リンクページ

お世話になっている方々のリンクです。

お問い合わせはお気軽に

ペイントショップ栄和 伊藤文義塗装店は塗装のプロです。
塗装に関するご質問やお見積など、お問い合わせはお電話またはメールフォームからお気軽にどうぞ。
営業時間/9:00〜18:00 日曜定休
〒418-0104 静岡県富士宮市内野266
お問い合わせ電話番号0544-54-2360
塗装に関するメールフォームからのお問い合わせはこちら
ホーム > 水性セラミシリコン

お薦めの塗料。エスケー化研、水性セラミシリコン。

塗料は樹脂を主原料に、顔料、溶媒などで作られています。シンプルな構造である塗料にとっては、その原料の選び方も良いものをつくるためにとても大事な要素。マスターズコート・無機は理想の性能を可能にする原料を数多くの中から選び出して作られています。通常、塗料では使用されない、高性能な原料の数々。これがマスターズコート・無機の強さの秘密です。

特殊バルーン   水
マスターズコート・無機・ルーフに使用されているバルーンがこの特殊バルーン。この空気を含んだ小さな小さなバルーンが断熱効果を発揮します。非常に壊れやすいといわれていた断熱塗料用バルーンですが、原料を厳選することにより、輸送時、施工時にも壊れにくく、性能を発揮することが可能になりました。
 
水性塗料は数多く販売されていますが、やはりまだまだ溶剤(シンナー系)の塗料の強さにはかないません。しかし、このマスターズコート・無機は違います。水が溶媒であるという非常に安全で環境にも良い性能をもちながらも、溶剤系塗料に負けない耐久性や強さを持っています。これからの時代に求められる性能です。

コロイダルシリカ   無機・有機ハイブリッド樹脂
非常に小さなケイ素のつぶです。ナノレベルの粒が、樹脂と相まって石垣構造となり、強靭な塗膜を形成します。また、汚れにくさにおいても非常に細かい粒が表面に敷き詰められることにより、汚れが入り込む隙がなく、汚れを吸着しません。カビや藻の根も入り込むことができにくい構造です。このコロイダルシリカはとっても小さな存在ですが、その役割はとても大きいのです。
 
一般的な塗料は大部分は有機質で構成されていますが、このマスターズコート・無機はその名の通り、大部分は無機質で構成されています。建物の最も強い劣化因子であ。る紫外線の分解エネルギーよりも強いエネルギーで結合するため、劣化しにくいという性能を持っています。また有機と違い、カビや藻の栄養源となりにくいため、生物汚染に対しても良い効果を発揮します

焼成無機顔料   マスターズコート・無機のラベル
2つ以上の異なる金属を合成し焼成して作られた強い顔料を使用しています。通常の顔料は有機物のため、紫外線による劣化が原因で色褪せが起きたり、チョーキング現象が起きましたが、この焼成無機顔料は劣化に強く、色褪せやチョーキング現象を防ぐことができます。


 
従来のフッ素との違い
モノ申す

私達が生活しててね、1番長持ちするのは何でしょうか。ガラス・宝石・石ころ・コンクリート…。宝石が劣化して価値がゼロになったって聞いた事ありません(笑)。購入年数と共に、『家』みたいにダイヤの値段が下がったら、誰があんな高いもん、買いますか(笑)。

『無機・マスターズコート』はね、なんでか知らんけど長持ちします…。 伊藤が尊敬してやまない。塗装会社(有)麻布様がきっかけとなり工学博士の社長である『大日技研工業(株)』様に言って開発してもらった塗料です。認めてもらった会員のみが使える、『こだわりの塗料』です。

ほとんどの塗料は『有機物』でね…。有機物同士はよくなじむ。しかし、『無機』と『有機』は反発しますからね、ひとたび外壁に『無機塗料』を塗ったら、ほこりや汚れは『有機』ですから、当然、反発しますね…。汚れんということ…。

また、塗装をしてもいつかは起きる、あの『チョーキング』…。色を形成する『顔料』ちゅうものが紫外線に負け、白亜化(粉化・外壁を触ると白い粉が手に付く)して起きる現象ですが、この『無機塗料』は顔料も陶器と同じように、高温で焼いてある焼成顔料を使っているからね、将来は色褪せや、チョーキングは起こりません。これはスゴイ事でございます。

焼成顔料ってのは、茶碗やレンガタイルらと同じ着色方法。外壁ですからね、いつかの次なる2度目の塗り替えは当然必要ですけどね…。あっ、それからカビや藻はね、『有機物』を栄養源に育ちますから、『無機塗料』ではめっちゃ、発生しにくくなります。発生しません!って言わないところは伊藤らしいでしょ(笑)。

それと『無機』ですから『ツヤ消し』です。一般の塗料は、アクリルやらシリコンやらフッ素やらと『樹脂』の種類がありますよね…。それらは添加剤を使用して、人工的に無理やり『ツヤ消し』にするんです…。ツヤ有りの塗料よりも耐久性は劣ってしまいます。しかし『無機』は初めから、『ツヤが無い』のですから、『ツヤ無し』です。非常に高級感あるマットな質感になります。めっちゃくちゃ落ち着いていいですよ〜。

無機や、無機やって、何もムキになる事はございませんが(笑)、無機で覆われた世界最古の木造建築、法隆寺が軽く1400年ぐらい長持ちしているのは、大部分を無機質素材でつくられているから…。無機ってホント、長持ちでヤラシイい塗料です。こんなもん、5回も6回も塗ったら、めっちゃ持ちます〜。光触媒とは用途や機能が違いますから『適材適所』にて、比較してはなりません(笑)。

無機マスターズコートは次なる塗り替えは13年〜16年と予想します。光触媒の18年〜20年には負けると予想します。くれぐれも適材適所、コンクリート壁や大壁工法などのお家には無機が1番。私、伊藤がムキになって、おすすめすると思います。まぁ、塗料で無機系があるとは、ホント、やらし〜い話ですよ…(笑)。

ページの先頭へジャンプ
ページの先頭へジャンプ